わたしたちの仲間を紹介します。

チームワークの良さと丁寧な教えを日々実感

配属先:技術部

入社年:2019年

勤務地:多摩支社
柴原

和気あいあいとした社風

Q.柴原さんは2019年春に入社したばかりということで(取材日は2019年夏)まだ日が浅いですが会社には慣れましたか?

A.ええ。和気あいあいとしていてとても馴染みやすいです。

不安はありました・・・

Q.それはいいですね。入社当初というと不安がつきものですが……

A.ないといえば嘘になりますが、日々不安が取り除かれているのを実感します。というのも実は測量の会社はここが初めてではないのですが、ここに入社して測量技術が身につくスピードが速いことに自分でも驚いているのです。特に基礎の部分で。

みんなが楽しくて。
やりたいようにできるのが魅力で、
いつも楽しいですね。

図面が完成したときの喜びは大きいです

Q.頼もしいですね。仕事の面白い部分、難しい部分はありますか?

A.測量の仕事は、現場での観測作業、そして現場で取ってきたデータをまとめたり図面を作成したりなどのデスクワークが半々の割合をしめます。ですので図面作成をするにしても、そのために現場でどのように測量をしたら適切で効率的かを考えるのが難しく感じますね。でもそのぶん現場での応用が身についてきたり、図面が完成したときの喜びは大きいですね。

測量はチームワークの良さが大事

Q.なるほど、実感がこもってますね。現場での連携や先輩方のサポートも必要になってきそうですね。

A.そうなんです。業務に限った話ではありませんが、たまのレクリエーションや社内交流にも大勢が積極的で、チームワークの良さの秘訣にもなっているんじゃないかと思うのです。測量はひとりじゃ出来ない仕事なので、示唆的なエピソードにも思えます。

SHIBAHARA

「仕事を楽しくやろう」と、心がけられる人を待ってます

Q.多くの仕事に通じるかもしれない、重要なことですね。
 今後柴原さんよりも下の世代が増えてくると思います。どんな後輩が来たら嬉しいですか?

A.どんな人でもウェルカムです。でもまあ強いて挙げるとしたら、自分なりにでもいいので仕事を楽しくやろうと心がけられる人だと嬉しいですね。仕事が出来る出来ないは関係ない。私もそう心がけています。

新しい分野へどんどん挑戦していきたいですね

Q.最後に、これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

A.もっと測量に関する知識を蓄えていって、自分ひとりで現場を持てるようになりたい。あと、3D分野の新しい技術にも挑戦しているので物にしていきたいですね。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー